FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【22杯ベスト8】使用構築(ガルクレセ軸)

【はじめに】

お久しぶりです。シフォンです。

今回はラフィーさん主催の22Rating battle、通称22杯に参加しました。

大会ルールでパーティー変更が可能なので、1戦ごとに対戦相手に合わせてパーティーを変えていました。
対戦前に相手のパーティーを予想し、自分のパーティーに対して選出されるポケモンを予測し、それに勝てるようなパーティーを考えました。場合によっては選出誘導のためだけに入れてたポケモンもいます。

以下では、それぞれの使用構築と選出、対戦前に考えていたことを簡単に説明したいと思います。



【リーグ予選編】

(上が自分の、下が相手のパーティーです。)

VSみょん さん   ○

メガガルーラ 小マンムー 小クレセリア 小ヒードラン 小ゲンガー 小レボルト 小
    VS
素ガルーラ 小ゲンガー 小パルシェン 小カイリュー 小サンダー 小カイリキー 小

~選出~
ゲンガー@タスキ
シャドボ、ヘド爆、ふいうち、みちづれ

ガルーラ@メガ石
ねこ、すてみ、レイビ、ふいうち

クレセリア@ゴツメ
サイキネ、どくどく、でんじは、つきのひかり


相手の選出(ガルーラ、サンダー、パルシェン)


みょんさんは、初代統一を使ってくると思ったので、ガブリアスではなくマンムーを選出誘導の意味も兼ねて採用しました。
さらに、タスキパルシェンやゲンガーミラーを意識してタスキ「ふいうち」ゲンガーを採用。
「ゲンガーで相手のメガ進化枠を倒し、ガルクレセを通す」ことを考えました。
実戦では、想定通りのプレイができました。



VSとーき さん   ○

メガガルーラ 小ガブリアス 小クレセリア 小ヒードラン 小ゲッコウガ 小マリルリ 小
    VS
ホルード 小ヘラクロス 小クレセリア 小ヒードラン 小ゲンガー 小カメックス 小

~選出~
ガブリアス@タスキ
げきりん、じしん、がんせきふうじ、ステロ

ガルーラ@メガ石
ねこ、すてみ、グロウ、ふいうち

マリルリ@しんぴのしずく
アクジェ、じゃれつく、はたきおとす、はらだいこ


相手の選出(ヘラクロス、クレセリア、ホルード)


とーきさんは、ホルードヘラクレセドランを使ってくると思ったので、ゲッコウガで選出誘導をしつつ、
「初手のガブリアスで相手のクレセを誘いつつステロを撒き、クレセの前でマリルリで積んで相手を崩し、最終的にガルーラで全抜きを狙う」プランを考えました。
マリルリのしんぴのしずくは、「はらだいこアクジェ」でH振りメガヘラクロスをステロダメージ込で確定で倒すために持たせました。
実戦では、プラン通りにはいかなかったものの、戦略の方向性は変わりませんでした。



VSオメガァァ さん   ×

メガガルーラ 小ガブリアス 小クレセリア 小ヒードラン 小メガゲンガー 小キノガッサ 小
    VS
霊獣ランドロス 小ゲッコウガ 小モロバレル 小素ガルーラ 小ゲンガー 小バンギラス 小

~選出~
ヒードラン@たべのこし
マグスト、だいちのちから、おにび、まもる

クレセリア@ゴツメ
サイキネ、どくどく、みがわり、つきのひかり

キノガッサ@タスキ
タネマシンガン、マッハパンチ、がんせきふうじ、キノコのほうし


相手の選出(ゲッコウガ、バンギラス、ゲンガー)


オメガァァさんは、ガルクレセや対面構築で結果を残している方なので、そういう系の構築に勝てるように組みました。
ですが実際は、予想と全然違う構築を使ってきていて、選出画面でかなり焦りました。
焦りすぎて選出がおかしなことになっていたので、恥ずかしかったので省略するつもりでしたが、自分への戒めとして追記で公開することに。(笑)



VSチャック さん   ○ 

メガガルーラ 小ガブリアス 小クレセリア 小ヒードラン 小サザンドラ 小ゲッコウガ 小
    VS
ニョロトノ 小オムスター素ガルーラ 小ガブリアス 小モロバレル 小ファイアロー 小

~選出~
ガルーラ@メガ石
ねこ、すてみ、グロウ、ふいうち

ガブリアス@スカーフ
げきりん、じしん、エッジ、ねごと

クレセリア@ゴツメ
サイキネ、レイビ、でんじは、つきのひかり


相手の選出(モロバレル、ニョロトノ、オムスター)


チャックさんは、トノグドラを使ってくると思ったので、
「トノの脱出ボタンに合わせてガルーラでグロウパンチしてイージーウィンする」ことを考えました。
また、そのプランがうまくいかなかった時のことも考慮して、ガルーラvsキングドラ対面での引き先となり、かつ読まれにくいチョッキサザンドラを採用しました。
実戦では、キングドラではなくオムスターが採用されており、選出画面で焦ってました。(2回目)



VSポテト さん   ×

メガガルーラ 小ガブリアス 小クレセリア 小ファイアロー 小ゲッコウガ 小キノガッサ 小
    VS
ゲンガー 小キノガッサ 小クレセリア 小ヒードラン 小バシャーモ 小レボルト 小

~選出~
ガブリアス@スカーフ
げきりん、じしん、エッジ、ねごと

ガルーラ@メガ石
ひみつのちから、かみくだく、からげんき、ふいうち

ファイアロー@ズアのみ
ブレバ、しぜんのめぐみ、つるぎのまい、はねやすめ


相手の選出(ゲンガー、クレセリア、ヒードラン)


ポテトさんは、メガゲンガーを軸としたサイクルパを使ってくると思ったので、
「かみくだく、からげんき持ちのガルーラで相手のサイクルを崩そう」と考えました。
また、ポテトさんはメガヤミラミとヒードランの並びで結果を残していたので、その対策として「しぜんのめぐみ」ファイアローを採用しました。(しぜんのめぐみ@ズアのみ=威力100、タイプ=地面)
実戦では、自分のプレイングが良くなかった気がします。



VSシンク さん   ○

メガガルーラ 小ガブリアス 小クレセリア 小ヒードラン 小メガゲンガー 小ゲッコウガ 小
    VS
クチート 小カイリュー 小化身ボルトロス 小スイクン 小ゲンガー 小マンムー 小

~選出~
ゲンガー@メガ石
シャドボ、ヘド爆、身代わり、みちづれ

ガブリアス@タスキ
げきりん、じしん、がんせきふうじ、つるぎのまい

ゲッコウガ@ラム
レイビ、あくのはどう、くさむすび、かげうち


相手の選出(スイクン、クチート、ボルトロス)


シンクさんは、ゲンガーマンムースイクンの並びを使ってくると思ったので、
「こちらのゲンガーでゲッコウガの苦手なポケモンを倒し、ゲッコウガを通そう」と考えました。
実戦では、相手の穏やか瞑想スイクンに大苦戦しながらも、スイクンの「凍える風」を避けたり、「ヘド爆」の追加効果を2回引いたりと、かなり運が良く勝つことができました。
対戦後に気づいたことなんですが、ゲンガーの「ヘド爆」を「ほろびのうた」に変えた方が良かったです。



【決勝トーナメント編】

1回戦
VSスカイソード さん   ○

メガガルーラ 小ガブリアス 小クレセリア 小ラッキー 小メガゲンガー 小バルジーナ 小
    VS
ゲンガー 小ソーナンス 小レボルト 小ルカリオ 小ガブリアス 小ファイアロー 小

~選出~
ガルーラ@メガ石
ねこ、すてみ、れいとうパンチ、じしん

ガブリアス@タスキ
げきりん、じしん、がんせきふうじ、つるぎのまい

クレセリア@ゴツメ
サイキネ、どくどく、でんじは、つきのひかり


相手の選出(ガブリアス、ゲンガー、ルカリオ)


スカイソードさんは、ゲンガナンスで有名な方なのでパーティー条件として、ゲンガナンスポリ2リザyガブガッサの並びに勝てることが必要でした。
何回も脳内でシミュレーションを重ねて、「スキルスワップ」ラッキー、「ほろびのうた」メガゲンガー、バルジーナ「@きれいなぬけがら」の3体の並びなら高い確率で勝てるのではないかと思いました。
しかし、当然ながら相手が想定通りのパーティーを使ってくるとは限りません。なので、
「ゲンガナンスポリ2リザyガブガッサに勝つことができ、かつ、それ以外のパーティーにもある程度対抗することができる」パーティーを目指しました。明確なゲームプランは考える余裕がありませんでした。
実戦では、全く想像してなかったゲンガナンス入りの積みサイクルみたいなパーティーに当たり、とても焦りました。(3回目)



2回戦
VSじる さん   ○

メガガルーラ 小ガブリアス 小クレセリア 小ヒードラン 小メガゲンガー 小ゲッコウガ 小
    VS
素ガルーラ 小ガブリアス 小クレセリア 小ヒードラン 小サザンドラ 小マリルリ 小

~選出~
ゲッコウガ@こだわりメガネ
なみのり、あくのはどう、レイビ、くさむすび

ゲンガー@メガ石
シャドボ、めざ岩、ちょうはつ、みちづれ

ガブリアス@こだわりハチマキ
げきりん、じしん、がんせきふうじ、ダブルチョップ


相手の選出(ヒードラン、マリルリ、クレセリア)


じるさんは、正直に言ってどんなパーティーを使ってくるのか予想できませんでした。
ですが、強いて対策するならガルクレセ軸のパーティー、特にガルクレセウルガの並びに勝ちたいと思い、
「ガルクレセウルガに勝てて、汎用性の高いパーティー」を目指しました。
そこで、自分のパーティーに選出される可能性の高いウルガモスの型(ちょうのまい&めざ地面)においての、ガルーラウルガモスの並びに対して強い「めざめるパワー岩」メガゲンガーを採用しました。このポケモンのメリットは、相手のガルーラとの対面時に相手のウルガモス交代に怯えずに「みちづれ」を押せることです。
実戦では、ガルクレセウルガの並びではなかったものの、それに似た構築だったのでそこまで焦りはしませんでした。
そして選出段階でかなりピンポイントな読みをしましたが、その分技選択などで余裕をもったプレイングができました。



3回戦
VSちや さん   ×

メガガルーラ 小ガブリアス 小クレセリア 小ヒードラン 小メガゲンガー 小ゲッコウガ 小
    VS
カバルドン 小パルシェン 小リザードン 小ナットレイ 小化身ボルトロス 小スイクン 小

~選出~
ゲッコウガ@こだわりメガネ
なみのり、あくのはどう、レイビ、くさむすび

クレセリア@ゴツメ
サイキネ、どくどく、でんじは、つきのひかり

ヒードラン@たべのこし
マグスト、だいちのちから、ちょうはつ、まもる


相手の選出(ナットレイ、スイクン、ボルトロス)


ちやさんは、どんなパーティーを使ってくるのか全く予想できませんでした。
なのでメタを張ることを諦め、この大会中で一番調子の良かったこのパーティーを持っていきました。(それぞれポケモンの型は変えてあります)
実戦では、相手のスイクンをヒードランで突破したところまでは良かったものの、その前にナットレイの「はたきおとす」で「たべのこし」を失っていたことが痛く、ヒードランがサイクル戦で過労死してしまいナットレイの突破が出来なくなり負け。


結果的に、予選リーグ4-2で予選2位通過、決勝トーナメント3回戦で敗退しベスト8で終わりました。



【終わりに】

今回このような記事を書こうと思ったのは、楽しすぎた22杯が終わってしまった余韻に浸りたかったからでもあります。
とても楽しかったです。毎試合でめちゃくちゃ緊張して、1ターンごとに一喜一憂して、勝った時はものすごく嬉しかったし、負けた時は結構凹みました。

このような場を設けてくださったラフィーさん、対戦してくれた皆さんには本当に感謝しています。
ありがとうございました!!!

ここまで見てくださり、ありがとうございました!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。